使徒の働き2章1節から13節

聖霊が下る(2024年5月19日ペンテコステ)

私の中に違う方がいる

受洗準備クラスをしていると、三位一体の神で一番、聖霊の事が良くわからないと仰る方が多い気がします。霊というから、そのあたりをふわふわと漂っているんですかという質問を受けたりします。いえ、違います。このお方は、信じる人の心の中に留まっているんです。つまり私の中に、私以外の違うお方がいるんですよと話すんです。

イエス様は、この聖霊について、もう一人の助け主とある時仰られました。私達一人一人って弱い。これからも信仰を保てるか自信がない。でも、自分の一番身近な場所、心の中にいる神が助けてくれる。神の愛に気づかせてくれます。祈りたいと思えることもまた聖霊の助けによります。クリスチャンとしての成長、親切な人になりたい、柔和で善意に溢れた人になりたい。自分には自分を変える力はないけれど、聖霊が内側から、私を変えていってくれる。これからの信仰生活は、あなた一人が頑張るという世界ではないんですよ。学びの中で、そういう話をすると「そうなんですね、今回の学びで、聖霊が大好きになりました」と仰ってくださった方もおられました。

聖霊が下る

今日は、私達にとってそんな大切な聖霊が下ったペンテコステを記念する礼拝です。1節では五旬節とありますが、このギリシャ語がペンテコステであります。50番目という言葉です。この祭りはすでに旧約聖書に由来し、過ぎ越しの祭りの期間の日曜日から50日目の日と定められていました。この過ぎ越しの祭りの期間の日曜日こそが、イエス様が復活されたイースターになりますので、毎年、イースターから50日目の日曜日を教会はペンテコステと呼んでいるのです。

イエス様は、復活したのち40日間に弟子達に現れたのち、聖霊を送る約束をして天に昇っていきました。つまりそこから10日が経ったこの日、同じ場所に集まっていた弟子たちの所に、突如、2節「すると天から突然、激しい風が吹いて来たような響きが起こり、彼らが座っていた家全体が響き渡った。また、炎のような舌が分かれて現われ、一人ひとりの上にとどまった」目に見える奇跡を伴い、助け主なる聖霊が下ってきたのです。

教会の誕生日

 私、講壇からいつも思っていることがあるんです。いつか、この箇所が来たら言おうと思っていて。皆さんの頭上を見るとですね、丸い照明が沢山輝いていますよね。まるで、聖霊が一人ひとりの上に留まった、今日のこの光景みたいだなあと思っているんです。一人ひとりという割りには、人に対して、照明の数が足りませんが。私達の礼拝も、今、聖霊と共に行っている。教会のすべての営みに聖霊がおられる。だから、このペンテコステは、教会の誕生日とも言われます。教会は、聖霊が留まっている人々の集まりなのです。

宣教の力

そして、ここから、教会は宣教を開始しました。イエス様が天にのぼられる際も、使徒の働き1章8節で主はこう言われたのです。「しかし、聖霊があなたがたの上に臨まれるとき、あなたがたは力を受けます。そして、エルサレム、ユダヤ、サマリアの全土、さらに地の果てまで、わたしの証人となります。」聖霊の力とは、地の果てまで、教会にキリストの証人として遣わしていく力でありました。使徒の働きは、教会の宣教の記録です。そこでは、人々は聖霊に満たされて証をし、聖霊に導かれて新たな宣教地へと派遣されていきました。

炎のような舌

 そんな宣教の聖霊はここで、炎のような舌として彼らに下りました。なぜ、舌だったか。別に、すごく繊細な料理の味が分かる舌が与えられた訳じゃありません。舌は言葉を発します。聖霊の宣教の力とは、今日の箇所では言葉の力です。

まあ、炎のような舌と聞くと、力強いメッセンジャーの姿が思い浮かびます。実際、この後、ペテロは、この物音に驚いて集まった人々に向かって説教し、3000人がイエス様を信じたとあります。ですが、3節では炎のような舌は、「一人ひとりの上にとどまった」とある。そして続く4節では「皆が聖霊に満たされた」とある。この経験は、誰でも持つことができる。この時、1章の記事を見る限り、120人ほどの弟子が集まっていたと思いますから、中には、話すのが苦手な人も、裏方の方が自分は得意だと思う人もいたと思うんです。でも、全員に聖霊は炎のような舌として下ったのです。

御霊が語らせるままに

教会に与えられた聖霊の言葉、それは4節にあるように、「御霊が語らせるままに口から出る」言葉であります。ああこれは、自分から出てきた言葉ではない、神が語られた言葉だ、そう思うしかない力を持った言葉です。

ある方の葬儀の際に、ご遺族の方がこんな事を言ってくれました。教会の方々が、かけてくれる言葉が、不思議な力を持っているなと感じたんです、と。明日も仕事があるね、頑張ってね、凄い、暖かさを感じて。これって何だろうって思いながら仕事してましたと。

私も、ある先生から、かけたもらった言葉が、深く自分を支えてくれたという経験があります。後になってですね、私言ったんです、あの時、先生、こんな風に言ってくれましたよね、あの言葉があったから今の僕があるんですと。そしたら、笑って、そんな事俺言ったかとなあと仰られましたが。でも私も人から、こんな風にあの時先生言ってくれたと言われて、私の場合は、本当に、思い出せない事がある。で、私が言ったらしいその言葉を聞くと、確かに良い事言ってるんですね。

でも、人を支え続ける力を持った言葉なんて、私からは出ない。ああ聖霊が私を通して、あの人に語ってくれたんだなと感じる。

慰めに満ちた言葉

聖霊の炎の舌のようであるというのは、人の心を暖かくする力を持っているという事でもあるでしょう。聖霊は、助け主とイエス様から言われていると冒頭でお伝えしましたが、この言葉は、慰め主とも訳せます。ギリシャ語のパラクレートスは、傍らに立つという意味があります。隣で寄り添う、真心からの思いやりを持った言葉を、聖霊が、私達に語らせてくれるんです。それが教会というものを、私達クリスチャンをこの世界で特別な存在にする。ここでしか聞けないような慰めに満ちた言葉が私達一人ひとりの口に与えられるのです。

他国のいろいろな言葉で

次にペンテコステで聖霊が語らせた言葉の特徴は、弟子たちが4節で「他国のいろいろなことばで話し始めた」という事です。この目的はすぐに明らかになりました。5節「さて、エルサレムには敬虔なユダヤ人たちが、天下のあらゆる国々から来て住んでいたが、この物音がしたため、大勢の人々が集まってきた。彼らは、それぞれ自分の国のことばで弟子たちが話すのを聞いて、あっけにとられてしまった。」当時、9節10節に出てくるような国々、地中海を取り囲むローマ帝国の各地には、ユダヤ本国よりも多いユダヤ人暮らしていました。彼らのうちの敬虔な人々は、人生の最後は、エルサレムで暮らしたいと移住してきたのです。また11節にはこの出来事の目撃者の中には、そのようなユダヤ人に混じって、ユダヤ教に改宗した異邦人もいました。そんな彼らは、11節「あの人達が、私達のことばで神の大きなみわざを語るのを聞くとは」という驚きを経験したのです。

彼らは、自分の生まれ育った場所の言葉で語られる、神の大いなるみわざの証を聞いたのです。どう見ても自分の故郷の人間ではない、7節で「話しているこの人達はみな、ガリラヤの人ではないか。」と一目で分かるような人が、懐かしい私の言葉で神様について語ってくれる。

外国で聞こえてくる母国語

私も外国で日本語を聞く体験をしたことがあります。ソムリエをしてた頃、フランスに一人旅行に行きました。フランス語検定3級は取ってきたのに、全然通じないんですね。必死に話しても「?」みたいな感じで。英語の方がまだかろうじてだったのですが、自分の気持ちまではをうまく伝えられない。でもその旅で、日本人とばったり会えたんです。しかも相手もワインのジャーナリストだったので、短い時間で、ワイン談義をすることできました。久しぶりに聞く日本語は、違った響き方をしていました。私の言葉で話してくれる人がいる。異国の地で寂しい私を、君の気持ちは良くわかるよと受け入れてくれる気がしました。相手の言葉がストンと胸に入ってくる気がしました。そんな自分の言葉で、ペンテコステの時人びとは、神のみわざを聞いたのです。

私の言葉で神のみわざが語られる

でも、この奇跡は一回限りでした。聖書の中にもありませんし、私達も、誰も、聖霊が外国語で話させてくれたという経験はありません。フランスに今私が言っても、同じように「?」とされるだけでしょう。今聖霊が私達に働かれる仕方としては別の形がある。

日本語を話す人同士でも、壁を感じる社会の中です。皆、自分の苦しみをなかなか分かってもらえない。誰もが外国にいるような気持ちです。そんな中で、聖霊の力で、あなたの事はよくわかるよと、そう言ってもらっているかのような言葉で福音が届けられる。聞く人が、まるで自分の言葉で語られた思うような言葉。自分の気持ちを、言い当ててくれるような。ああ、私はこれが言いたかったんだ。神様からこれが聞きたかったんだ。ぴったりの言葉として相手に私達の言葉が響くんです。

このJYスタッフは、私の学校の悩みをまるで知っているようだ。平日の教会の集会に来た子育てをしている親御さんが、ほっとした顔で帰って行かれる。今日来てよかった。子育てで悩んでいた事がありましたが、皆さんと話して楽になりました。

本当に不思議な事です。まさか、あの自分の一言が、そんな風にその人の日常と繋がるなんてと。もちろん、私も皆さんも、いつだって、あの人の心にもっと福音を届けたいと願っているから、祈りながら、かけるべき言葉を考える。でも、私達の想像を超えて、聖霊が働くんです。私達の言葉を、その人に届くようにしてくれるのは聖霊です。

あなたが特別に届けらる言葉

しかし、ペンテコステのこの光景は奇妙な光景だったと思います。聖霊を受けた全員がそれぞれに違う言葉で話し出したのですから、言葉が分かる人にしか、届くどころか意味さえ通じなかった。聖霊が与えられた弟子達それぞれが、言葉を届かせることができる相手は違ったんです。

私達も同じです。あなただから伝えられる相手がいるんです。この教会に来ている誰かの信仰をフォローしたい、集会に来てる求道者の方を導いてあげたい。でも、その人に自分よりも、深くかかわれる人がいる事に負い目なんて感じなくていい。それぞれに役割があるんです。

しかし、一方で、私は若い人は苦手だからと、ああいうタイプは自分は届かないと決めつけることもしてはいけない。届く言葉を与えるのは聖霊によるからです。

私も、蕨教会に青少年担当牧師として呼んでいただいた時、青少年なんて自分には無理だと思ったのです。信仰のフォローという意味では、私は大人になって信仰を持ったので、クリスチャンホームではないんです。JYの集会のゲストの先生が、僕も皆と同じように子供の頃こういう信仰の葛藤があったというエピソードを聞くと、自分は彼らの言葉を持っていないと悩んでいたのです。でもそんな事はなかった。聖霊の働きです。今、牧師になって、高齢の方の思いをどれだけ理解できているか。共に生きる中で、一緒にいろんなことを経験させていただく中で、知っていきたいと思う。でも、信頼している。聖霊が、私が語る言葉を、届く言葉にしてくださる。

宣教は自分ひとりでするのではない

今日、大事な結論。教会は宣教をする群れです。宣教をしない教会は教会ではありません。しかし、私達は、変にがんばらなくていいんです。一人で変にがんばらなくていいんです。私達の宣教には助け主なる聖霊がいるんです。

私達って、何だか、時に歯を食いしばって、自分の内から力をふり絞って、自分達の力で言葉を届かせようとしてませんか。宣教って根気いります。奉仕者は、毎回の集会の準備し、祈って、メッセージして、大変ですよ。そして疲れていく。誰かを教会に誘うのも、勇気がいります。だから、聖霊の力が必要なんです。聖霊に満たされて、私達は語るんです。

聖霊を待ち望む

 最後、聖霊に満たされるってどうしたらいいんでしょう。私達の側はそのために何をしたらいいんでしょう。私の側で、聖霊をもっと動けと力づけることなどできません。むしろ私達は、ひとりで頑張っているという気持ちをなくして、一度ゆっくりと、自分にこの聖霊というお方が身近なお方であるという事を思い出すべきでしょう。そして、私達、聖霊がもう一度心の中で力強く動き出すのを、時にもう少し待っていいんじゃないでしょうか。

1節「五旬節の日になって、皆が同じ場所に集まっていた。」ペンテコステは、今と同じく日曜日でした。日曜日に、聖霊を彼らは待っていたのです。待っていなさいとイエス様が言っていたからです。ルカ24章49節の方では、「見よ、わたしはわたしの父が約束されたものをあなたがたに送ります。あなたがたはいと高き所から力を着せられるまでは、都に留まっていなさい」繰り返しイエス様から、全世界へ出ていけと言われていた弟子たちです。でも、主は、この力を受けるまで動き出すべきではないと。

喜びが湧き上がる

何度も、聖霊を待ち望みましょう。宣教につかれた人も、逆に、自分の中で情熱が湧かないという人も。自信を無くしている人も。あなたには力ある言葉が与えられる。慰めに満ちた、あの人に届く言葉をあなたは言える。情熱は消えない。私のうちには、私以外の神がいて、この方が人の救いに情熱を注いでいるのだから。そして聖霊に満たされた時に私達は、喜びを経験するのです。13節では、聖霊を受け弟子たちを「彼らは新しい葡萄酒に酔っているのだ」と言って、嘲る者達もいたとあります。そう周りから見えるくらい聖霊の言葉を語りながら、彼らの心は喜びで高鳴っていたのです。神のみわざを語るって、間違いなく、嬉しいんです。その喜びが、あなたにも与えられる。与えられるのですから、自分で生み出さななくていい。安心して待てばいい。聖霊が私の心を満たすのを、待ち望みたいと思います。(終わり)